医療データーベースはエビデンスを確立する

医療においてエビデンスは重要で、治療を受ける際に効果や副作用などを医学的根拠に伴い説明を受け、患者が理解した上で治療をスタートさせます。

どのような効果が得られるかや副作用の出現の確立やタイミング、治療を受けることで得るベネフィットとリスクを医師から説明を受けます。
治療のベネフィットに関して理解できても、リスクが理解できない患者さんが多く、副作用が不安なものとなり、治療を拒む人もおられます。

しかしながら、西洋医学の概念では早期で得る効果をベネフィットと考えます。
治療後にやむを得ず出る副作用については、医師がその副作用の出方や情報を考慮して副作用を抑えて主作用を高める治療が行われます。
主作用と副作用の情報はデーターベース化され、今後の治療方法や薬剤の開発など医療の発展に役立てます。

マイナビニュースの最新情報を掲載しています。

患者さんの中には、データーベース化するための実験ととらえる人もおられるようですが、現在の治療もすべて過去のデーターベースがあるからこそ行われるもので、今後の治療で副作用の出現を抑える研究にも役立てられます。



治療の際にあえてリスクを知り、それを理解した上で、ベネフィットを最大限に得ることと、万が一副作用が出現すれば、それを最小限に抑える治療法に切り替えることが現在の医療で行われています。



これらはすべて、さらにデーターベース化され、開発された治療や薬剤は多くの患者を救うこととなるです。
西洋医学の治療効果はすべて医学的根拠に基づいて行われます。

top