医療の進歩とデーターベース化政策

現在、医療技術の進歩は目覚ましいものがります。

さらに、医療現場でもITの技術などもどんどん取り入れられるようになってきています。

例えば電子カルテの普及や遠隔診療、さらにはロボットを地球の裏側にいる医師が動かして難度の高い手術を行うなども可能になってきています。


この技術を駆使して高齢化の進む社会で医療情報のデーターベースを作り今後の医療の発展をさらに進めていこうという政策がすすめられています。

BIGLOBEニュースについての知識を高めてもらうためのサイトです。

高齢者では病院に行くことも大変な場合も少なくありません。


一人一人の患者情報がどの病院でも、どの科の医師でもデーターベースにアクセスすることができ、すべて確認することができれば治療効率は飛躍的に伸びるでしょう。


また、医療費の削減にも役立ちます。

また、同じ病気や同じ薬のデータを簡単に集めることができれば、その病気による有効な治療法の開発や、よりよい薬の使い方なども研究しやすくなり医学の進歩のスピードがさらに上がることも期待できます。



これら取り組みは民間、政府系機関の両方で行われており着々と整備が進められています。しかし、このようなデーターベースの作成は個人情報の流出や間違った使用、あるいは悪意あるものへの流出などの危険も常にはらんでおり、適切な情報管理も必要になります。
これらの課題は政府だけでなく民間レベルでも巻き込み成熟させていく必要があり、実用性をもって現実化させるまでには乗り越えなければいけない障害はたくさん残されています。



医学の発展のため、国民の健康寿命の延長のためにも積極的に進めていくべき政治課題と言えるでしょう。

top