医療関係でデーターベースソフト購入する際の豆知識

医療関係でデーターベースソフト購入する際の豆知識についてお話します。


基本的には患者のレセプトをチェックするときに大量のデータを取り込むソフトが必要になります。

マイナビニュースの有益情報を見つけよう。

このデーターベースソフトですが、実際に職場で導入しているパソコンにソフトが対応しているかどうかを購入前にチェックする必要があります。

ダイレクトでタッチパネルを使って作業することが多く、1日に100枚以上のレセプトを現場ではチェックします。

このため、通常のパソコンと違い、一回り以上画面が大きいです。



また、レセプトを機械のPDFを通して拡大や縮小していくため、キーボードでの操作よりもタッチペンを使った作業が多く締めます。

このため、タッチペンの感度がよりいいソフトを導入する必要があります。可能であれば、お試し期間がついたものを職場に導入して一定期間の間、そのデーターベースが入ったソフトを用いて仕事するといいでしょう。

これにより、どのような動作は対応でき、また、どのような動作は対応できないのかはっきりと自分の目で確かめることができます。


医療の現場は1分1秒を無駄にできない目まぐるしく忙しい現場でありますので、少しでも現場の負担を和らげることができるよりスムーズに作業できるソフトの購入が必要になってきます。より患者のデータを多く入るものを医療データとして、保存できるものを購入するべきです。
多少値段は高くなりますが、長い目で見るといいでしょう。



top