医療のデーターベースとマイナンバー

医療機関が個別の保有する患者の受診状況や既往歴などについて、そう遠くない将来に紐付けされることになるでしょう。


マイナンバー制度の導入で、まずは大病院などを中心として、健康保険証とマイナンバーを組み合わせたもので利用が出来るように変わっていきます。患者からすれば個人情報などの流出が気になるところですが、データーベースの活用により既往歴などからの治療経歴が分かるようになるなどのメリットも大きいです。


特に治療法が無いような難病研究などで大きな成果が期待されると見込まれています。

また、この医療のデーターベース化では、毎回窓口に提出しなければならないようなものたとえば身体障害者手帳なども紐付け出来れば、窓口での提出のし忘れなどの問題も減少します。



さらに患者側も一々窓口にて提出すべきものが減りますから、楽です。

BIGLOBEニュースの情報が必要な方必見です。

このように情報の流出の危険性はあり不安な点は残るものの、将来的には諸事楽になると考えられます。


医療のデーターベースへは、当然ながら確認出来る人を絞り込めれば、その分だけ情報の流出は避けられるものです。さらにその情報に触れる人を絞り込むことで、流出が起きた際の責任の追及も容易になることでしょう。



さらに医療のデーターベースを新薬の開発などに繋げられれば、今現在において病気で苦しむ人が減っていくとも考えられています。
このように、情報の流出や悪用を避けることが大前提ではありますが、上手くいかすことが出来れば生活をする側も諸事楽になる可能性を秘めたものです。

1から学ぶ医療

現在、医療技術の進歩は目覚ましいものがります。さらに、医療現場でもITの技術などもどんどん取り入れられるようになってきています。...

more

納得の真実

現在、医療現場において、電子カルテを初めとして、診療報酬の算定や受診患者が支払う窓口負担額の算定や処方箋の発行など、ほとんどがデーターベース化されることによって従来よりも簡便化され更にスピード化されています。これを推し進めたのが、社団法人日本医師会の医療IT化宣言です。...

more

驚く情報

医療においてエビデンスは重要で、治療を受ける際に効果や副作用などを医学的根拠に伴い説明を受け、患者が理解した上で治療をスタートさせます。どのような効果が得られるかや副作用の出現の確立やタイミング、治療を受けることで得るベネフィットとリスクを医師から説明を受けます。...

more

注目情報

医療関係でデーターベースソフト購入する際の豆知識についてお話します。基本的には患者のレセプトをチェックするときに大量のデータを取り込むソフトが必要になります。...

more
top